人事情報源

ラージグループ介入

組織改革の手法の一つ。大人数(数十人~)を対象にディスカッションや意思決定を行わせる手法。組織改革の対象は、1980年代頃までは主に個人やチーム・小集団など比較的小さな組織であった。

しかし、階層や機能をまたがって組織改革をするニーズが生まれたため、ラージグループ介入の手法が発達した。ラージグループ介入に分類される手法の代表例としてフューチャー・サーチ、ワールド・カフェ、などが挙げられる。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。