人事情報源

ワーク・シェアリング

雇用の維持・創出を目的に労働時間を調整すること。ワークシェアリングには『雇用維持型』と『雇用創出型』の2つの類型がある。

『雇用維持型』は、一時的な業績悪化などで余剰人員が発生した際に、人員削減を行わなわずに一人当たりの労働時間を短縮すること。『雇用創出型』は、より多くの雇用機会を生み出すことを目的に、一人当たりの労働時間短縮と勤務形態の多様化を行うことを指す。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。