人事情報源

垂直統合モデル

生産段階が連続的な諸産業にまたがる企業統合の形態のこと。川下や川上の工程を自社に取り込み、バリューチェーンの範囲を広げることで、中間コストの削減、製品のモデルチェンジへの迅速な対応、製品の安定供給などのメリットを得られる。

垂直統合モデルを採用している企業の例としては、Apple社が挙げられる。AppleのiPhoneは、開発、設計、組み立て、販売、アプリマーケット/コンテンツマーケットを一貫して自社で担当し成功を収めた。

垂直統合に並ぶその他の企業統合の形態には、水平的統合、多角的統合がある。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。