人事情報源

カンパニー制

共有資本までを個々の組織ユニットに配分し、いかなる時点で切り離して売却しても良いところまで独自性を高め、「一つの独立した会社」であるかのように組織を分割した仕組みのこと。

事業部制との相違点は、分割した組織のコントロール方法である。一つの事業部をカンパニーと定めることもできれば、複数の事業部を束ねる事業本部をさらに複数まとめて一つのカンパニーとすることもできる。

ただし、現代の日本企業では事業部よりも比較的大きなまとまりをカンパニーとすることが一般的である。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。