人事情報源

水平分業

バリューチェーンにおいて、自社で行う機能事業をある特定の分野に特化し、その他の機能事業は外部に委託するという事業形態のこと。

事業を得意分野に特化することで、経営資源を効率的に活用できるというメリットがある。一方で、全体の調整に手間がかかること、利益を独占できないことなどのデメリットもある。

具体例として、米国のIBM社は、OSはマイクロソフト社に、CPUはインテル社、マザーボードは台湾メーカーなどから調達し、組み立てや販売を自社で行うという水平分業の体制で、パソコン事業を展開した。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。