人事情報源

SL理論(ライフ・サイクル理論)

効果的なリーダーシップは、メンバーの仕事における成熟度によって異なるという考え方のこと。ハーシーとブランチャード(P.Hersey & K.H.Blanchard,1977) が提唱した。

仕事における成熟度とは、職務遂行に必要な知識やスキルの修得、職務態度や意欲に対するものを指し、4つの段階に区分された。4つの各段階に効果的なリーダーシップは、指示的行動と協労的行動の2つの要素の強弱の組み合わせによって決まる。

最も成熟度の低い第1段階では指示的行動が強い教示的なもの、第2段階は指示的行動を控え協労的行動を増やした説得的なもの、第3段階は協労的行動が強い参加型なもの、そして最も成熟した第4段階は両行動を抑えた委譲的なリーダーシップが効果的と考えられる。

関連コンテンツへのリンク

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。