人事情報源

多能工化

複数の異なる作業を遂行するスキルを身に付けた技術者(多能工)を育成する取組み。多品種少量生産のような柔軟な生産体制が求められる現場において、労働力の効率的な配置が可能であるという点で多能工は重要な存在となる。

但し、多能工の育成にはより多くの訓練コストが発生し、これが配置後の効用を短期的に上回る場合には、多能工化がなかなか進まない場合がある。

多能工に対して、単一の作業遂行スキルを集中的に身に付けた技術者のことを単能工と呼ぶ。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。