人事情報源

ホーソン実験

1927年-1932年にかけて、シカゴにあるウエスタン・エレクトリック社のホーソン工場で行われた作業効率に影響を及ぼす要因を明らかにした実験のこと。

実験の結果、組織の生産性に最も影響をおよぼす要素は、物理的・生理的・経済的な条件ではなく、人々の感情、集団の雰囲気や集団規範であるということが分かった。

この研究によって、集団の規範とそれを遵守させようとする集団圧力の問題に研究者の関心が向けられることとなった。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。