人事情報源

アジア通貨危機

1997年にタイで発生した通貨危機の混乱が、周辺のアジア各国に波及し、アジア一帯が深刻な金融危機に陥った事象。

その発端となった出来事は、1997年7月2日に投機的なバーツ売りの圧力に屈したタイが固定相場制を放棄し、大幅に通貨価値を減価させたことである。

周辺のアジア各国は急激な資本流出と通貨暴落によって経済混乱に陥った。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。