人事情報源

過重労働撲滅特別対策班(かとく)

違法な長時間労働を行う事業所に対して、監督指導を行うために発足した労働局の専従組織のこと。
2015年4月に、厚生労働省によって東京労働局と大阪労働局に新設された。通称「かとく」。

かとくは労働基準監督官で構成されており、事業所に立ち入って調査、指導、摘発を行う。

また、特別司法警察職員として、違法な事業者を検察庁に送検する権限も持っている。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。