人事情報源

ピーター・ドラッカー

ピーター・ドラッカー(Peter・Drucker)は、オーストリア(ウィーン)生まれのユダヤ系オーストリア人の経営学者である。「マネジメント」の発案者であり、「マネジメントの発明者」や「マネジメントの父」と呼ばれる。

「顧客の創造」「知識労働者」「分権制(=事業部制)」「ナレッジマネジメント(KM)」「コアコンピタンス」など、経営・管理に関する多くの用語・概念を生み出した。

関連コンテンツへのリンク

この用語に関連のあるサービス・事例の一覧です。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。