人事情報源

ロバート・キャプランとデイビット・ノートン

ロバート・キャプラン(Robert・Kaplan)とデイビット・ノートン(David・Norton)は、世界中で幅広く利用されている経営手法のひとつ「バランス・スコアカード」を提唱した。

ロバート・キャプランはハーバード・ビジネススクール教授。デイビット・ノートンは、米国を本拠地とする戦略コンサルティング会社パラディアム・グループの創設者。

二人は、1992年にハーバード・ビジネス・レビューに論文「新しい経営モデル:バランス・スコアカード」を発表し、そのコンセプトが初めて経営者に知られることとなった。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。