人事情報源

アンリ・ファヨール

アンリ・ファヨール(Jule・Henri・Fayol)は、管理過程学派の始祖で「管理原則の父」とも呼ばれるフランスの経営学者。

著書「産業ならびに一般の管理」で、企業の経営には管理が最も重要であると指摘し、管理を定義付けた上で、管理教育の必要性と可能性、そして管理の諸原則と諸要素を論じた。

そして、1918年に管理学研究所を創設し、管理論の研究や普及に大きな貢献を果たした。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。