人事情報源

ウィリアム・エドワーズ・デミング

ウィリアム・エドワーズ・デミング(William・Edwards・Deming)は、ニューヨーク大学経営大学院(現スターン経営大学院)教授を歴任したアメリカの統計学者。

デミングは1950年から日本の企業経営者に対し、設計/製品品質/製品検査/販売などを強化する方法として、分散分析や仮説検定といった統計学的手法の応用を伝授した。

日本科学技術連盟は、デミングの業績を永く記念するため、デミング賞を創設した。この賞はTQM(総合品質管理)の進歩に功績のあった民間の団体および個人に対し授与される。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。