人事情報源

フレデリック・ウィンズロー・テイラー

フレデリック・ウィンズロー・テイラー(Frederick・Winslow・Taylor)は、アメリカの経営学者。科学的管理法の発案者で、「科学的管理法の父」と称される。

テイラーは科学的管理法の手法を考案し実践した事で、生産現場に近代化をもたらしたとともに、マネジメントの概念を確立した。著書に「出来高払い制私案」「Shop Management(工場管理)」「科学的管理法の原理」などがある。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。