人事情報源

ITバブル

1990年代後半から2000年頃の米国や日本において、投資家からIT関連企業への人気が高まり、過剰投資によって株価が急騰した事象。

IT関連企業への人気を決定付けたのは、マイクロソフトのWindows95発売により、PC(パーソナルコンピュータ)が世界的に普及したことである。さらにインテルやAMDなど、コンピュータの頭脳であるマイクロプロセッサのメーカーを巻き込んだハードウェア競争がインターネット関連投資を加熱させた。

また、アメリカのITブームは日本にも影響を与えた。1999年にはソフトバンクや光通信が個人投資家の取引により大きく株価をあげたが長くは続かず、2000年には下降へと転じていった。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。