人事情報源

クレイトン・クリステンセン

クレイトン・クリステンセン(Clayton・Christensen)は、企業におけるイノベーションの研究の第一人者であるハーバード・ビジネス・スクールの教授。初の著作である「イノベーションのジレンマ」によって破壊的イノベーションの理論を確立させた。

他にも、「イノベーションへの解―利益ある成長に向けて」「明日は誰のものか―イノベーションの最終解」「教育×破壊的イノベーション―教育現場を抜本的に変革する」「イノベーションのDNA―破壊的イノベータの5つのスキル」などの著書がある。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。