人事情報源

参入障壁

新たな企業の市場参入を妨げる、既存企業の優位性のこと。

参入障壁を高める行為は、企業の経営戦略の一つである。具体的には、特許によって技術的な優位性を築き、新製品を投入するという戦略が該当する。

その他に、必要な資源を先手を取っておさえることによって優位性を築くという戦略もある。

例えば、コンビニの競争において、コンビニに転向しやすい酒屋を素早くフランチャイズ化し、競合のコンビニの資源供給を少なくさせるといった戦略のことである。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。