人事情報源

パラダイム

人が認識、判断、行動するプロセスの中で、一つの組織内の人々に共通する認識と思考のパターン。アメリカの科学史家クーンが科学理論の歴史的発展を分析するために導入した概念。認識と思考の出発点は、人々がもつ世界観、企業観、人間観などである。

企業におけるパラダイムには、例えば「企業とは何か、市場や顧客は何を欲しているか、企業で働く人は何を求めているか」などという考え方が当てはまる。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。