人事情報源

暗黙知と形式知

知識は通常、言語によって表現されたり共有化されるが、マイケル・ポラニーは「われわれは語れること以上のことができる」(Polanyi,1980)と指摘し、私たちが実際にくり返しできるにもかかわらず言語化できないものを「暗黙知」と呼んだ。

「暗黙知」には、認知的な側面と技術的な側面がある。認知的な側面には、世界観、信念、視点などが含まれ、技術的な側面には、ノウハウ、技巧、技能などが含まれる。

一方、言語によって表現や共有化が可能な知識を「形式知」と呼ぶ。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。