人事情報源

育児休業

育児休業とは、労働者が1歳未満(一定の条件を満たしている場合、1歳6ヶ月未満(平成17年4月1日改正))の子供を養育するために、男女ともに取得することができる休業。取得した労働者に対して、休業開始前の賃金の一定割合額が雇用保険より支給される。

法改正により、同じ事業主に1年以上雇用され、子供が1歳に達する日を超えて引き続き雇用されることが見込まれる期間雇用者も対象となる。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。