人事情報源

産業の空洞化

製造業の生産拠点が海外に移転することにより国内産業が衰退する現象。労働需要が減少し、国内の雇用機会が失われることが雇用面での問題とされる。

特に大手製造業の生産拠点が海外移転することは、当該企業の従業員のみならず、下請け企業においても生産削減を理由に雇用調整を行う必要が生じる場合がある。

しかし、2000年代後半からは、円安などを原因とした製造拠点の国内回帰が起こっており、外国への直接投資が国内産業の衰退や国内の雇用減に直接繋がっていないという指摘もある。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。