人事情報源

高齢者雇用

従業員が年金受給開始年齢まで安定的に働き続けられる環境の整備を目的として、企業に高年齢者雇用確保措置の導入を義務付けるなどするもの。

企業は高齢者の雇用確保措置として次の3つの措置のうちのどれか一つを導入することが、高年齢者雇用安定法によって義務付けられている。

①定年退職年齢の引き上げ
②継続雇用制度の導入
③定年制の撤廃

独立行政法人 労働政策研究・研修機構の2013年度の調査によれば、調査に解答した企業のうち、83%の企業が高齢者の雇用確保措置として継続雇用制度を導入した。

関連コンテンツへのリンク

この用語に関連のあるサービス・事例の一覧です。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。