人事情報源

介護休業

介護のために与えられる休業のこと。要介護状態にある家族を介護するために合計93日を上限として取得することができる。少子高齢化の進行と共働き家庭の増加で、介護と仕事を両立させる必要が増してきた背景から1995年に法制化された。

但し、介護休業の取得率は対象者ベースで10%を下回っており、政府が期待する数値を下回っているのが現状である。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。