人事情報源

介護期の退職

労働力の供給に関する問題現象の一つ。介護を長期間行うことで、健康面の障害や職場との軋轢が生まれ、就業と介護の両立ができなくなり、退職すること。

人口ボリュームの大きい、いわゆる「団塊の世代」が介護が必要な年齢に達したことで、今後さらに介護と仕事を両立させる必要がある従業員が増加する見込みであることや、介護を行う従業員が企業の中核を占める40~50代であり退職によって企業が受ける損失が大きいことから、介護を理由にした退職を減少させることを喫緊の課題と捉える企業も多い。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。