人事情報源

ジョブ・カード制度

キャリア開発を目的に、職業能力を証明する制度。

平成20年度に開始され、非正規雇用の労働者など職業能力を形成する機会に恵まれなかった人達が対象とされた。対象者は教育訓練機関等で職業訓練を受け終了証を得ることで、これらを就職活動などキャリア形成に活用していく。

その後、平成23年に、対象者を求職者・在職者・学生などに拡大し、就業支援に加え、職業経験の棚卸しなどを通じて生涯のキャリア形成を支援することを目的とした制度に、改定された。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。