人事情報源

解雇の金銭解決制度

人材流動化を推進する制度の一つ。従業員の解雇が不当解雇と見なされた場合、企業が金銭を支払うことで復職させずに済む制度。

現在の労働契約法及び判例法理では、使用者が労働者を不当に解雇した場合、使用者の権利濫用ととらえ解雇そのものを無効とし、原職復帰を使用者に義務付けている。

しかし、労働審判等では、不当解雇の訴えについて、使用者が労働者に対し金銭を支払うことで解決することが一般的に行われている。

こうした現状を鑑み、解雇の金銭解決を制度化することで、勤続年数や年齢などに基づく解雇の金銭解決のガイドラインを示すべきだ、という意見がある。

関連コンテンツへのリンク

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。