人事情報源

M字カーブ

労働力の供給に関する問題現象の一つ。日本における女性の年齢階級別労働力をグラフで表した際に見られるM字型の曲線を指す。

女性労働者が20代後半から30代前半になると就業率が落ち込み、その後40歳代で回復する、という就労行動をとることでこのような曲線が描かれる。このような傾向は、育児や出産を主な理由として発生していると考えられている。

M字カーブの解消策として、育児・家事と就業を両立可能な制度や職場環境の構築が必要であると指摘されている。

関連コンテンツへのリンク

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。