人事情報源

労働力人口の減少

少子高齢化の進行により、15歳以上の労働力人口が減少すること。労働力人口とは、15 歳以上の人口のうち、就業者と完全失業者を合わせた人口のことを指す。労働力人口の減少の原因として、少子高齢化が進行した結果、働くことが可能な人の数が減少していることが挙げられる。

労働力人口の減少を抑制する有効な対策として、就業を希望しながらも出産や育児を理由として就業できていない女性に対し支援を行うことなどが、挙げられる。

関連コンテンツへのリンク

この用語に関連のあるサービス・事例の一覧です。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。