人事情報源

学力低下

学生、特に大学生の学力が低下しており、企業の求める学力に達しない学生が多くなっている問題。

大学進学率が50%を超え、定員割れとなっている私立大学が全体で4割近くになるなど、いわゆる「大学全入時代」になったことで、大学入学試験の選抜機能が弱まり、かつては大学に合格できなかった学力の学生が合格できるようになっていることが学力低下の原因として考えられている。

一部の大学では、学生に対して基礎学力を学び直す「リメディアル教育」を行うなど、学力低下を抑止する施策を行っている。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。