人事情報源

副業・兼業

多様な働き方に対応するために企業が実施する施策の一つ。サイドビジネスとも呼ばれ、収入を得るために本業以外の仕事に携わることを指す。

日本では、就業規則等によって、従業員が使用者の許可なく副業や兼業することを禁止する企業は少なくないが、近年、多様な働き方を推進する施策の一つとして、むしろ積極的に従業員が副業や兼業を行うことを認めるケースも増えている。主な狙いは、従業員がもつ様々なキャリア志向の実現を支援することである。

導入する場合は、副業や兼業を認めるのみならず、転職や独立・自営の準備や自己啓発のために短時間勤務を行うことを認める場合が多い。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。