人事情報源

名ばかり管理職

違法な労使関係の一つ。残業手当の支払対象から外すことを目的に、従業員に実態のない管理監督者の肩書を与えること。従業員が管理監督者に当てはまるかどうかは役職名ではなく勤務実態によって判断される。

具体的な要件として①職務内容や権限から判断して企業経営に関する重要事項に関与しているか、②勤務の実態が労働時間になじまないものか、③賃金等に関して地位にふさわしい処遇をされているか、を挙げる判例が多い。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。