人事情報源

短時間勤務制度

両立支援制度の一つ。育児・介護を担う従業員を主な対象とし、一日当たりの労働時間を原則6時間とする制度。

一定の要件を満たす従業員が希望すれば利用できるよう、制度化することが事業主に義務付けられている。育児・介護休業法改正や制度利用期間の長期化を背景に、今後ますます制度利用者が増えることが予想される。

しかし、制度利用者に対する、仕事配分や評価のあり方、長期的なキャリア形成支援が未だ課題となっている。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。