人事情報源

勤務地限定社員制度

転居を伴う転勤の負担を課されることなく、プライベートと仕事を両立させたい従業員を対象とし、勤務地を一定の範囲内に限定する制度。

勤務地限定社員と全国型社員が同じ職場で同様の仕事を行う場合、将来の転勤可能性の有無を理由に、前者の給与水準は後者より低く設定されていることが通常である。

そのため、企業側にとっては人件費を抑制できる利点もあるが、これに対する不平等感が、社員モラールの低下を招く可能性がある。

関連コンテンツへのリンク

この用語に関連のあるサービス・事例の一覧です。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。