人事情報源

セクシャル・マイノリティ(LGBT)

現代社会の中で当然と捉えられる性のあり方に当てはまらない人。性的少数者とも呼ばれる。

性のあり方が非典型的な人を指す言葉に「LGBT」があるが、セクシャル・マイノリティは該当する人間の客観的な数の少なさを指す言葉として始まったのに対して、LGBTは性的少数者が自らを呼ぶ言葉として始まった、という違いがある。

セクシャル・マイノリティに対する人権意識は2010年代から高まっており、雇用の場においても、セクシャル・マイノリティに配慮したルール作りや言動が求められる。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。