人事情報源

地域雇用創造

経済・雇用状況の地域間格差を解消することを目的に、地域ごとの特徴を踏まえた雇用対策を実施すること。2000年に地方分権一括法が施行されて以降、地域の状況・特徴を踏まえた上で、自治体が主体となって雇用対策を行うことが求められるようになった。

しかし、雇用対策を策定・実行する人材が不足している自治体も多く、地方分権が進むことで、人材や資金が豊富な大都市圏と地方自治体の間で、雇用創出の格差に拍車がかかる可能性も指摘されている。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。