人事情報源

失業率

雇用の状況を表す数値の一つで、労働力人口(就業者と完全失業者の合計)に占める完全失業者の割合を指す。

「完全失業者」とは、①仕事がない、②仕事があればすぐ就くことができる、③求職活動や事業を始める準備をしていた、という3つの条件を満たす失業者のことである。

従って、不景気の長期化などを理由に、求職活動を諦める人(求職意欲喪失者)が増えると、失業率は低下するという現象が起こるため、失業率の低下が、必ずしも雇用情勢の改善を意味するわけではない。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。