お知らせ

日経産業新聞(2013.7.10)18面で、社内人材の人材の流動化について弊社ディレクターのコメントが掲載されました

7月10日付 日経産業新聞18面の「心動かす社内スカウト術」という記事の中で、弊社ディレクター桐ヶ谷のコメントが掲載されております。

「部門を越えて人材を流動化させるため」に、「優秀な社員を『トップ10』『トップ20』といった形でデータベース化しておく」ことや、「一般的な人事考課では現れてこない能力を見える化する努力を重ねる」ことが重要となる旨をコメントしております。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。