お知らせ

意識調査2016分析結果:被買収企業、M&Aの発表を聞いて転職を考える人は4割以上

組織・人事コンサルティングサービスを提供するクレイア・コンサルティング株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:草間徹)は、ビジネスパーソンを対象としたインターネットの意識調査を実施しました。

本調査では、人事統合の課題が特に大きいと予想される「買収された会社(被買収企業)」で働いている(または働いていた)正社員400名を対象とした調査を実施したところ、社員の4割以上がM&Aの発表時に転職を考えていたことがわかりました。

詳しい調査結果は下記プレスリリース(PDF)にてご覧いただけます。


当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。