お知らせ

著書『「やる気」の構造』をコラムにて公開いたします

2003年に同文館出版より出版させていただいた『「やる気」の構造』ですが、出版権がフリーとなりましたので弊社ホームページのコラムにて公開を開始しました。

今後は毎週水曜日に掲載をしますので是非ご覧ください。

『「やる気」の構造』について

働く人が持つ「やる気」の構造をあらゆる角度から分析。やる気を失う社員を元気にし、燃える社員を育てる組織とは。「働くことにパッションを得たい人」にも、「組織に活力を与えたいと考えている管理者の人」にも役にたつエッセンスをご紹介しています。

刊行年月:2003年6月刊
著者:クレイア・コンサルティング株式会社
発行者:中島 治久
発行所:同文館出版株式会社
ISBNコード:4-495-56181-2

目次

はじめに

目次

1章 成果・実力主義は「日本人のやる気」を刺激したか?

1.米国型人材マネジメントを直輸入した弊害
2.やる気を失う日本人

2章 日米の「人事制度」を再点検する

1.日米の人事制度を比較すると?
2.なぜ、日本型人間主義人事制度ができたのか?
3.なぜ、米国型職務主義人事制度ができたのか?
4.会社を元気にする人事制度とは?

3章 「ワーク・モチベーション」のメカニズムを知る

1.やる気が湧く会社・やる気をなくす会社
2.やる気のメカニズム
3.3つのモチベーション因子
4.あなたが働く会社は、どのタイプ?
5.「モチベーション」に関するこれまでの研究

4章 やる気を刺激する「組織」を実現する

1.やる気を刺激する組織とは?
2.目標や責任を明確にするには?
3.協力関係をつくるには?

5章 燃える社員を育てる「人材マネジメント」を実現する

1.会社と社員の「期待」の一致をめざす
2.「期待一致」の効果を活用する人材マネジメント
3.会社と社員を元気にする「人材マネジメント」とは?

6章 会社を元気にする「人事部」を実現する

1.人事部って、何をするところ?
2.「日本企業の人事部」は何を行ってきたか?
3.会社を元気にするために「人事部」がなすべきこと
4.会社を元気にするために「人事部の社員」がなすべきこと

引用文献・参考文献

執筆者紹介

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。