採用情報

齋藤(アソシエイト)

クライアントから信頼され、次も一緒に仕事をしたいと思ってもらえるコンサルタントになりたい

GO SAITO齋藤 剛

Associate
早稲田大学社会科学部社会科学科卒業。
2015年に新卒でクレイア・コンサルティングに参画。

クレイア・コンサルティングに参画したきっかけは?

就職活動を開始した当初、私の中に「コンサルタント」という選択肢はなく、大手の事業会社を中心に会社説明会や選考を受けていました。そして、さまざまな企業を知り、多くの社会人と接するなかで、「肩書ではなく自分の名前で仕事をしている」と話す人たちに憧れ、共感した一方で、「この企業・業界に入れば安泰だ」と話す人たちの姿には、大きな疑問を感じました。就職活動を進めるほどにそうした考えは強まり、「組織の看板に左右されない自立した働き方をしたい」「どんな企業・組織であっても必要とされるプロフェッショナルになりたい」との思いから、コンサルタントの道を選ぶことに決めました。

幅広いコンサルティング領域のなかでも組織・人事に惹かれたのは、中高の部活や大学のサークルなどでリーダー的な立場を担い、メンバーへの働きかけ方次第で停滞していた組織も上を向かせることができることを体感し、組織・人事に大きな可能性を感じたためです。一言に組織・人事と言っても、人事制度の構築や、研修体系の整備、研修プログラムや採用ツールの提供といったさまざまなフィールドがありますが、組織基盤となる人事制度を戦略的に構築することで、組織を変えることを仕事にしていきたいと思い、そうしたコンサルティングサービスを扱うファームを志望しました。

その中でもクレイアを選んだ理由は、領域を組織・人事に特化していることで入社当初から確実に組織・人事領域のコンサルティング業務に携われること、組織・人事を軸としながらも時には組織・人事に留まらず経営全般に関する提言まで行う経営コンサルティング・ファームであること、そして小規模な独立系の経営コンサルティング・ファームであることが私にとって魅力的であったためです。

特に3点目は、グローバルなネットワークに基づくノウハウを多く有する外資系大手ファームとは大きく異なる点ですが、小規模である分、若いうちから大きな価値貢献を求められるのではないか、独立系である分、グローバルでの最適化を意識せずに、目の前のクライアントに対して真に価値のあるソリューションを提供できるのではないかと考え、自らの成長のためにはベストな環境だと判断しました。

入社して予想通りだったこと、予想を裏切られたことは?

予想通りだったことは、コンサルタントの仕事には継続したインプットと学習姿勢が強く求められることです。入社から1年以上が経過した今でも、知識不足を痛感する毎日で、価値を生み出すためには膨大な量の知識習得が必要となることを、改めて強く感じています。さらに入社2年目の今は、「知識習得は大前提で、そこに自分の考えを加えられて初めて価値がある」と考えるようになり、コンサルタントとして価値あるアウトプットを出せるよう、より成長を加速させたいと考えています。

予想を裏切られたというより、予想以上だったことは、人を育てていこうとする会社の姿勢を強く感じたことです。説明会や選考を通して、コンサルタントは自律的に学び成長する仕事であるという話を聞いていたので、手厚いサポートが受けられるとは思っていませんでした。ですが実際には社内研修も定期的に行われており、またプロジェクトを進める際に、一人では解決できないことがあっても、先輩コンサルタントが快くディスカッションに応じてくれたり、また解決のためのヒントを提示してくれます。

入社して壁にぶち当たった経験、その壁を乗り越えた経験は?

入社して1か月後に配属された大型M&Aプロジェクトでは、数十社の子会社を持つ企業グループを、親会社も含めて統括本社と地域会社の数社に再編(分割・統合)したうえで、グループ共通の人事制度を構築・導入しました。私はこのプロジェクトの中で、人員構成・人件費の観点から、新人事制度の導入効果を分析・検証する役割を担いました。「数字で示すことの難しい人事の領域において、人件費など明確に数字で示されるものには、経営者や人事部が非常に敏感になる」という話をプロジェクトマネージャーから聞いた時は、その責任の大きさに身の引き締まる思いでした。

実際の業務では、数千人の人事データを扱い、組織規模も処遇水準もバラバラな数十社に個別の仮定を置きながら、5年、10年先の人員構成・人件費を導き出しました。入社間もない私にとっては大変困難な仕事で、試算を導き出すだけで必死でした。ただ懸命に導き出した試算をプロジェクトマネージャーに見せて言われたことは、「結局それから得られた示唆と今後の課題は何なのか」ということでした。その言葉に改めて自分の視座の低さと未熟さを感じるとともに、クライアントに本当に必要とされるコンサルタントの価値とは何かを考えさせられるきっかけにもなりました。

2年目の今では、事実を検証し示唆や課題を導き出すことに加え、可能なかぎり、課題解決のための選択肢とクライアントが取るべき選択肢の提言まで行うように努めています。そうした中で、1つのプロジェクトを達成するごとに自分のできることが増える感覚や、ステップアップできている感覚を得られています。

今後どのようなキャリアを積んでいきたいですか?

まずは、クライアントから信頼され、次も一緒に仕事をしたいと思ってもらえるコンサルタントになりたいです。前述のM&Aプロジェクトでも、現在携わっている別のプロジェクトでも、先輩コンサルタントは皆、長期的にわたってクライアントと一緒に仕事を進めています。ちょっとした困りごとや進行中のプロジェクトとは異なる内容で相談を受けることも多く、クライアントから厚く信頼されていることが分かります。

私も2年目を迎え、実際に自分が主体となってクライアントの人事制度を設計したり、クライアントへの説明を行う機会が増えるなど、一人のコンサルタントとしてのコミットメントと結果が求められています。しかし、残念ながら、クライアントからの要望に一人で対応できるだけの力があるとは、まだ自信をもって言うことができません。そこで、まずは少しでも早く自らのソリューションでクライアントからの信頼を勝ち取れるようになりたいと思います。そのうえで、「この人に聞けばなんとかしてくれるだろう」と、継続的に思ってもらえるように今後も努力し続けたいと考えています。

応募する学生に期待することは?

組織・人事の領域は、一朝一夕には習熟できず、一人前になるためには多大な時間と努力を要することを、私はこの一年で肌身に感じました。また、クレイアは会社が小規模であるがゆえに、早い段階から大きな裁量を与えられることもありますが、これは、責任や負担も小さくないということでもあります。そのため、私はこの高いプレッシャーの中で仕事を続けるためには、この仕事自体に歓びを感じ、この仕事を通じて成長した姿が自分の目指す姿と合致すると信じられることが大事だと考えています。

私自身、就職活動を通じて、多くの社会人と会う中で、自分のやりたいことやなりたい姿を徹底的に考え抜いて、最終的に自分の思い描くキャリアがクレイアというフィールドでこそ実現できると思い、入社を決めました。

皆さんにも、さまざまな人との出会いを通じて、ご自身がどのようなキャリアを歩んでいきたいかを徹底的に考えながら、就職活動を進めて欲しいと思います。