採用情報

髙田(アソシエイト)

自分の限界をつくることなく、貪欲にチャンスをつかみ取り成長していきたい

CHIGUSA TAKADA髙田 千種

Associate
慶應義塾大学法学部法律学科 卒業。
2016年に新卒でクレイア・コンサルティングに参画。

クレイア・コンサルティングに参画したきっかけは?

私は大学進学と同時に上京してきました。都会にはより多くのチャンスや出会いがあり、自らの視野を広げることができると考えたからです。そして、学生生活でのさまざまな出会いを通じて、「知的に創造的な仕事がしたい」と思うようになりました。加えて、事業を取り巻く環境変化が激しい現代においては、企業という組織の枠を超えて、一人のビジネスパーソンとして価値を認めてもらえるようになる必要があり、そのためには高い専門性を持つプロフェッショナルを目指す必要があると考えました。

次に、どの道のプロフェッショナルに進むのかを考えた時、学生時代のサークル運営を通じて、ヒトをマネジメントすることに強く興味を持ったことを思い出しました。サークル運営では、同じ環境で同じ仕事をしていても人によってモチベーションの高さが異なること、人によってモチベーションの源泉が違うことに気付き、1人ひとりに異なる働きかけをすることでより多くの人がサークル運営に対してモチベーション高く取り組んでくれるよう努めました。その結果、従来よりも多くの人がサークル運営に前向きに取り組んでくれるようになりましたが、そのような活動を通じて、ヒトをマネジメントすることの大変さや組織運営におけるヒトの力の大きさを感じるようになりました。

この経験を通じて、私はヒト・モノ・カネという企業経営の要素の中でヒトに最も興味があることに気付き、この道を極めたい、この道であればプロフェッショナルを目指して頑張ることができると、組織・人事領域のコンサルタントを志すことにしました。ヒトの行動原理は不変性が高いため、組織・人事領域のコンサルタントは事業環境がどのように変わっても必要とされるであろうこと、そして努力すれば比較的若いうちに習熟度を高められ、プロフェッショナルとして仕事をすることができるようになることも魅力でした。

最終的にクレイアを選択したのは、新卒であっても確実に組織・人事領域のコンサルティングに関わることができる会社であり、会社説明会や面接を通じて、「この人たちのようになりたい、この人たちと一緒に働きたい」と強く思ったからです。そしてその思いは入社して半年が経った現在も変わりません。

入社して予想通りだったこと、予想を裏切られたことは?

プロフェッショナルとして一人前になるために、まずは地道に勉強し続けなければならないと聞いてはいましたが、ここまで自発的に学習する姿勢が求められるとは想像していませんでした。

まず、Off-JTに関しては、約1か月間の新入社員研修があり、社会人の基本であるビジネスマナーからコンサルティング実務まで、多岐にわたって指導を受けました。特に人事制度設計についてのレクチャーでは、等級制度、評価制度、報酬制度と回を重ねるごとに、知識が深まっていく実感があり、そこに楽しさを感じながらも、創造的に思考する仕事の難しさを感じました。

また、月に1度行われるケースメソッド研修では、ビジネススクールでも使用されている事例問題を用い、「事例の会社が今後さらに成長を遂げるための組織・人事的Key Success Factorは何か」といった議題について、他のコンサルタントとディスカッションをしています。年次に関係なく積極的な発言が求められることもあり、しっかりと事前準備をした上で臨んでいますが、先輩コンサルタントと比べるとまだまだ自分の思考は十分に深掘りされていなかったと気付くことも多く、毎回大きな刺激を受けています。適切に情報を分析し数字を科学的に検証すること、そして論理的かつ創造的なソリューションを考え抜くことなど、コンサルタントとしての基礎的な力を培っています。

最後に、OJTに関しては、OJT担当の先輩からプロジェクトの内容に直接関わることのみならず、コンサルタントとしての仕事の進め方全般について、指導を受けています。クレイアは基本的にはコンサルタントに自律性を求める会社ですが、その一方で、もともとヒトに興味が強い人が集まっている組織でもあるためか、業務の中でも丁寧に指導してもらっています。

これら以外にも、少しでも自分のアウトプットの品質を高くするために、関連書籍や過去のプロジェクトのアウトプットの確認など、日々勉強を重ねる毎日です。

まだ入社して間もない私だけでなく、私から見ればクライアントに対して十分に価値を発揮していると思える先輩コンサルタントも忙しい業務の合間を縫って意欲的に自己啓発に取り組んでいます。そうした姿を見て、真に質の高いアウトプットを出し続けるためには、継続的なインプットが必要不可欠だということを痛感するとともに、こうした刺激的な環境に身を置けることに日々やりがいを感じています。

入社して壁にぶち当たった経験、その壁を乗り越えた経験は?

私が最初にアサインされたプロジェクトは、ある自動車メーカーブランドの販売店従業員の意識調査に関するものでした。この自動車メーカーは私が入社する何年も前からクレイアが販売店従業員の意識調査を受託してきた会社で、現在はさらなる顧客満足度向上に向けた手立てを模索している最中でした。クレイアが手掛けた調査は、従業員意識の観点から販売店における購入希望者向けのサービスの質を高める要因を分析・提言するもので、私はこのプロジェクトの中で全国の販売店から寄せられる回答データの精査や、プロジェクトを円滑に進めるためのクライアントとの細かな調整業務を担っていました。

業務自体は、あらかじめ決められたフローに従い進めるもので、正直、「思っていたよりも単調だな、もっと大きな仕事をしたいな」と思っていました。そんな時、プロジェクトマネージャーから、「なぜこの調査を行うのか、なぜこのような調査設計になっているのかわかるか」と問われました。私は自分の業務を回すことだけに注力してしまっていたため、すぐに答えることができませんでした。

私は与えられた役割に捉われ、求められている以上の価値を出すために必死に努力するコンサルタントとしての姿勢を見失っていたことに気付き、とても悔しく感じ、その日以降、意識してプロジェクトの全体感をもって業務に取り組むことを心掛けるようにしました。そうすると少しずつですがプロジェクトの品質をさらに高めるために有効なアプローチを考えられるようになり、さらにはそれをプロジェクトマネージャーに提言する機会も増えていきました。もちろん私のアイデアがすべてそのままプロジェクトに活かされるわけではありませんが、私の仕事の仕方が変わったことで、プロジェクトマネージャーから段々と信頼されるとともに、仕事の品質も向上し、クライアントに対しても以前よりも高い価値を提供できるようになってきていると感じています。

今後どのようなキャリアを積んでいきたいですか?

「クライアントから信頼してもらえるコンサルタント」になりたいです。そのためには何よりも、クライアントに対してより一層価値あるアウトプットを提供するためにできることはないか、最後まで考え抜くことが大事だと思います。そして、まだ十分に経験のない自分に足りない知識を補うためにも、プロジェクトと並行してインプットを続ける必要があると感じています。

クレイアは、自らを律して努力を続け、手を挙げれば、より多くの機会を手にし、自身を成長させることができる環境です。私が求めてきた多くのチャンスが身近に存在していることを感じます。「チャンスの女神には前髪しかない」という格言もあるように、自分で限界をつくることなく、貪欲にチャンスをつかみ取り、成長していきたいと考えています。

応募する学生に期待することは?

日頃感じていることとして、クレイア・コンサルティングは「自律」と「自立」が強く求められる環境であることが挙げられます。新入社員であっても、任されている仕事の裁量は大きく、責任も重く、社会人として、プロフェッショナルとして、自分はどうあるべきか考えさせられる日々です。

「自律」には、仕事に臨む姿勢として「高い品質を追求する」ことのみならず、自発的な学習・自己研鑽に励むことも含まれています。そして、「自律」しているということが、周囲からご信頼されることにつながり、それによって初めて「自立」することができるのだと思います。

自らを律し、とことんインプットとアウトプットに励むことが、応募する学生の皆さんに、そして何より私自身に求められていることだと思います。