採用情報

古本(シニアコンサルタント)

自分で仕事を創れるようになることでコンサルタントとしての価値をより高めていきたい

TAKESHI FURUMOTO古本 武司

Senior Consultant
早稲田大学大学院創造理工学研究科経営デザイン専攻 修了。
外資系総合コンサルティングファーム、国内人事コンサルティングファーム、事業会社の人事部を経て、クレイア・コンサルティングに参画。

クレイア・コンサルティングに参画したきっかけは?

私は2社のコンサルティングファームと事業会社の人事部を経てクレイアに参画しましたが、一貫して志向していたのは「組織と人に関わるプロフェッショナル」でありたいということです。

1度目の転職では、当時在籍していたコンサルティングファームでは希望する「組織・人事」領域のプロジェクトにアサインされなかったことから、確実に「組織・人事」領域に携わることのできる環境を求めて、人事コンサルティングファームへの参画を決意しました。

2度目の転職では、「これまで培ってきた知識やスキルを活かし、組織の一員として組織の変革に携わりたい」という思いから、事業会社の人事部への参画を決意しました。

そして、それらの業務に一区切りがつき、改めて自分のキャリアについて考えたときに、事業会社で培った知見を活かして、もう一度コンサルタントとしての自分の実力を試したいと思い、再度コンサルティングファームに転職することを決意しました。

転職活動にあたっては他ファームも応募していたのですが、選考の中で代表やディレクターと議論をし、クレイアの、アーサーアンダーセンの信条であるクライアントファーストを継承しつつ、コンサルティングの質を高め続けて本質的なソリューションを追求していく姿に共感を覚えたことから、最終的にクレイアへの参画を決めました。

入社して予想を裏切られたことは?

クレイアの提供するコンサルティングのレベルの高さは予想以上でした。一般的にコンサルティング案件の受注は複数のコンサルティングファームのコンペを経て行うことが多いのですが、そうした場で必ずしも知名度の高くないクレイアが大手ファームに打ち勝つことも多いのは、まさに創業以来、クライアントファーストを信条に、コンサルティングの質を高め続けてきたことの一つの証左だと思います。

もちろんその分、コンサルタントへの要求水準は高くなります。私は、社内では社会人経験もコンサルタント経験も長い方ですが、自分がこれまで身に付けてきた知識やスキルに甘んじることなく、学びを怠らずに、さらなる成長を続けていきたいと思います。

またそれだけでなく、自分の知識やスキルを社内に伝承することで後進を育成し、クレイア・コンサルティングのコンサルティング力の質・量を増やしていきたいですね。

コンサルティングの仕事の魅力は?

成長し続けられる仕事であることです。コンサルティングはプロジェクトベースで仕事が進められるため、ルーチンワークはほとんどありません。本人の能力や資質に応じてプロジェクトごとにチャレンジングな役割が課され、限られた時間の中で毎回それを乗り越えて成長していくことが求められます。もちろん長いキャリアの中で成長の踊り場に差し掛かることもありますが、あきらめないで努力と工夫を続けることで、その壁を打ち破ることができれば、より大きく成長することが可能です。

また若くから経営に近い立場で仕事をできるのもコンサルティングの仕事の魅力の一つです。ただ特に「組織・人事」領域においては、経営からの目線だけでなく社員からの目線も兼ね備え、複眼的に思考し、ソリューションを創り出していくことが求められます。「組織・人事」領域には他の領域のコンサルティングにはない特有の難しさはありますが、組織や人への関心の高い方であれば、エキサイティングに感じることができると思います。

クレイア・コンサルティングの魅力は?

クレイアは少数精鋭組織であり、一人ひとりの裁量も大きいことから、若手コンサルタントであっても、プロフェッショナルマインドを持って仕事に取り組むことが求められます。クライアントも業界を代表する大企業である場合が多く、コンサルタントへの要求はハイレベルです。そのような緊張感のある環境において、自分がどのような価値を発揮できるかを常に模索し、挑戦し続けることができること、そうしたプロフェッショナルマインドを持った同僚と切磋琢磨できることはクレイアの大きな魅力の一つです。

またクレイアでは、常に今までにない「新たな知」を生み出すことが求められます。繰り返しになりますが、クレイアのクライアントの多くは業界を代表する大企業であり、抱えている経営課題の難易度も高いことが多いです。単なる既存のフレームワークやベストプラクティスの組み合わせではない、真にクライアントの課題に寄り添ったソリューションを生み出さなければなりません。こうした「新たな知」を創り出していくことは簡単ではありません。しかし、それこそがコンサルタントの価値であると言えますし、このような「新たな知」を生み出すために思考力を鍛え続けられる環境が用意されていることも、クレイアの大きな魅力です。

今後どのようなキャリアを積んでいきたいですか?

自分で仕事を創れるマネージャーを目指しています。

クレイアでは、シニアコンサルタントまではプロジェクトの推進力のレベルに応じてステップアップしていきますが、マネージャーからは新たに、クライアントに新規プロジェクトを提案し、受注に結びつける役割が課せられます。自分で仕事を創れるようになることで、コンサルタントとしての価値をより高めていきたいですし、今まで以上にクライアントに貢献していきたいと考えています。

応募する学生に期待すること

あらゆる出来事について「なぜ?」と問い続ける好奇心と、目標を達成するために努力を続けられる意志を持っていることは、コンサルタントとして活躍する上で非常に重要な資質です。

また、一般的にコンサルタントには論理的思考が求められると言われますが、こと「組織・人事」という領域においては、それだけでなく組織に所属する多様な人間の心理を推し量ることも必要になります。

物事を柔軟かつ多角的に捉え、自分自身の頭で考え抜きたい方の応募をお待ちしています。