採用情報

キャリアステップ

コンサルタントのキャリアステップ

クレイア・コンサルティングは完全実力主義のため、高いパフォーマンスを発揮できる社員は、年齢やキャリアに関係なく次のステップへ進むことが可能です。

入社数年で主要プロジェクトを任され、クライアント企業の経営陣と直接コミュニケーションをとりながら、経営的な視点から「組織・人事」領域の課題解決に取り組む社員も多くいます。

新卒入社者は、まずはアソシエイトとしてキャリアをスタートし、その後、プロジェクトでの経験を重ねてプロフェッショナルとして独り立ちしていくことを期待します。

中途入社者は、これまでの経験・能力・実績を考慮の上、スタートのステップが決定されます。


careerstep_1

各ステージにおける役割や職務イメージ

Associate

アソシエイトは、プロジェクトマネジャーや先輩コンサルタントの指示・サポートのもと、クライアントの課題解決につながる分析・企画やミーティングで使用する資料作成、ミーティングにおけるプレゼンテーション等、プロジェクトメンバーの一員としてプロジェクトを推進・実行する役割を担います。
経験を重ねていくにつれ、与えられる課題や業務の範囲が広がり、自身の裁量も大きくなっていきます。

Consultant

コンサルタントは、プロジェクトの方向性に沿って、毎回のミーティングのシナリオ作りから各種施策の設計、ミーティングで使用する資料作成とクライアントへの報告、ディスカッションのファシリテーションなど、中心的立場でプロジェクトを進行します。
常に、コミュニケーションの前面に立つため、クライアントとの強固な信頼関係を構築すると同時に、クライアントが抱えている課題を最もビビッドに認識することができる立場です。

Senior Consultant

シニアコンサルタントは、高度な専門性を必要とする難易度の高いプロジェクトにアサインされるほか、複数のプロジェクトを独力でコントロールしたり、プロジェクトメンバーのマネジメントも任されるようになり、責任範囲が拡大していきます。また、クライアントの経営層に対して直接提言をするなど、コンサルタントとしての影響力を発揮できる機会が増えます。

Manager

マネジャーは、これまでに培った経験・専門性やクライアントの人脈を活かして新規のプロジェクトを提案し、受注に結びつける役割を担います。自らの頭脳と顔で仕事が創れるようになる正真正銘のプロフェッショナルとしてのステージはここから始まります。

Director

ディレクターは、複数のプロジェクトの品質管理を行います。単なる「品質管理責任者」ではなく、常に「もし自分が経営者だったらどうするか?」という視点で戦略を策定し、クライアントの経営層をリードしながら人や組織の変革を継続的に推進していきます。
また、コンサルティング業務だけでなく、マーケティングや組織貢献に関する業務など、組織目標達成のための中長期的なマネジメントを行うことが期待されます。

Managing Director

マネージングディレクターは、難易度の高い、大規模なプロジェクトにおいてクライアントの経営課題の解決に取り組むほか、新たなサービス開発に向けたR&D活動、コンサルタント育成のための体制の構築など、クレイア・コンサルティングのさらなる成長を牽引することが期待される立場です。
また、会社を代表する立場として、市場への情報発信(講演活動や専門誌への寄稿等)にも広く携わっています。