サービス

人事制度改革

今、あらゆる経営改革の場面において、人事の改革は欠かせません。新しい経営戦略のフレームワークがどのような形であれ、実現するのは人です。

クレイア・コンサルティングは様々な経営改革の枠組みや事業モデルの特性に合わせて最も適合した人事制度改革プログラムを提案します。

  • 人材ポートフォリオ設計

    人材ポートフォリオ設計とは、経営戦略や事業戦略に基づいた経営目標を実現するために、個々の従業員の貢献の仕方に応じて人材タイプを複数のグループに分類し、各タイプの特長を効果的に組み合わせて全体最適を実現していく人事マネジメント手法です。

  • コンピテンシーマネジメント

    コンピテンシーとは、実際の高業績者から抽出した、有効な行動パターンを生み出す動機・性格・知識を統合的に捉えた能力体系です。コンピテンシーマネジメントは、コンピテンシーの具体性・実践性を活用しつつ人事制度を設計・運用していく人事マネジメント手法です。

  • 報酬制度設計

    報酬制度とは、会社が求める成果と行動を社員に促し、その行動の発揮度や貢献に対して報いることで、人件費を戦略的に配分していくための人事マネジメントの仕組みです。報酬制度を考える上では、トータルリウォードの観点で報酬全体を検証することが重要となります。

  • 目標管理制度

    目標管理制度とは、個人が自ら目標を定めることで自己統制を図りながら、組織の目指す方向性と合致させるマネジメント手法です。業績管理や人事評価で使われます。個人に求められる成果を評価するためのポピュラーな制度として定着しています。

  • 多面評価(360度評価)制度

    多面評価(360度評価)とは、上司、同僚、部下など、立場や対象者との関係性が異なる複数の評価者によって、対象者の人物像(実態)を多面的に浮き彫りにする評価手法です。近年、上司による人事評価を補完するツールとして注目されています。

  • 役割等級制度

    役割等級制度とは、企業のミッション(組織の存在意義、使命)から導き出された経営計画を、個人レベルの役割に割り振り、これを等級として設定し、その役割に基づいて目標設定と業務遂行、成果測定を行う人事マネジメントの手法です。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクよりお電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。