テーマ

高齢者

  • 高齢者を活かす

    2012年に成立し2013年4月から施行された改正高年齢者雇用安定法により、企業において希望者全員を順次65歳まで継続雇用することが義務付けられるようになりました。今までは一定の基準を設け、本人が希望しても基準に満たない従業員は雇用しない選択肢がありましたが、この改正によって希望者全員が雇用されることになりました。この法律は2025年に完全実施されます。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクよりお電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。