人事情報源

リバース・イノベーション

リバース・イノベーション(Reverse Innovation)とは、新興国で生まれた技術革新や経営上のアイディア、新興国向けに開発した製品等を先進国に導入し普及させるという概念である。従来とは逆の流れで、イノベーションの普及を図るという意味で、リバース・イノベーションと呼ばれる。

ダートマス大学タック・スクール・オブ・ビジネス教授のビジャイ・ゴビンダラジャンらが、ゼネラル・エレクトリック社(GE)などの成功事例を理論化したことで広く知られるようになり、グローバル経営の新潮流として注目されている。

リバース・イノベーションの成功のためには、早期から新興国市場に人材・権限・資金等の重心を移し、現地のニーズを基にゼロから新しいソリューションを開発することが重要であるとされる。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。