人事情報源

科学的管理手法

組織の生産性を向上させるため考えられた、科学的な管理の方法や制度のこと。フレデリック・ウィンスロウ・テイラー(Frederick Winslow Taylor)が先駆けとなって提唱した。

「時間研究」による作業の標準化、「職能別職長制度と計画部」の創設によるファンクショナル組織の確立、「差別出来高給制度」による従業員への有効な動機づけ等が該当する。

この考え方は、人材の創意工夫を行う能力を無視するなど、後に多くの批判を浴びたが、生産能率の向上に貢献したため産業界に広く受け入れられた。

また、その後のアメリカの経営・組織の合理化に大きな影響を与えた。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。