人事情報源

健康経営

従業員の健康状態が経営に大きな影響を与えるとの観点から、従業員の健康保持・増進への投資や取り組みを通じて、会社業績の向上を図る経営の手法。

健康経営推進の背景には、少子高齢化による労働者の減少と高齢化、生活習慣病等による医療費の増大と健康保険料の上昇、メンタル不全者の増加など、「従業員が不健康であることによるコストや機会損失」が増えてきていることがある。

経済産業省では2015年には上場企業から「健康経営銘柄」の選定、2017年には非上場の企業や法人を対象とした「健康経営優良法人認定制度」を創設し、健康経営に取り組む企業、法人の公表を行っている。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。