採用情報

武田(コンサルタント)

「おもしろい話ができる」コンサルタントになりたい

TOMOHISA TAKEDA武田 知久

Consultant
千葉大学文学部行動科学科 卒業。
2014年に新卒でクレイア・コンサルティングに参画。

クレイア・コンサルティングに参画したきっかけは?

私は新卒でクレイア・コンサルティングに参画しました。

私はサッカー観戦が好きなのですが、チームを移籍したりポジションを変更したりするだけで、途端にそれまで活躍できなかった選手が輝く(あるいは、輝いていた選手が途端に活躍できなくなる)ケースをたくさん見てきました。サッカーという比較的同質的な仕事でも、環境を変えることで本人の発揮できる価値に大きな変化が起こるのであれば、サッカーチームより多様な業務がある会社には、「環境を変えるだけで輝く人」がもっとたくさんいるのではないかと感じ、その変化を支援するような仕事がしたいという思いのもと、就職活動を開始しました。

就職活動を続ける中で、さまざまな会社の変革に関わることができる「コンサルティング」という業種があること、そしてコンサルティングの中でも「組織・人事」という領域があることを知り、この領域のコンサルタントになることで、さまざまな会社の人材活性化を支援できるのではないかと考えました。

新卒採用を行っている人材系の企業はたくさんありましたが、新卒で「組織・人事」領域のコンサルタントになれる会社は総合系のコンサルティングファームを除き、クレイア・コンサルティングしかありませんでした。また、選考時にお会いしたコンサルタントとの面接を通じて、「この会社であれば自分が求めている仕事ができる、できるならば一緒に仕事をしてみたい」と感じ、入社を決意しました。

入社して予想を裏切られたことは?

与えられる仕事の量・質は、当初想定していたよりもかなり高いレベルでした。クレイア・コンサルティングでは入社1年目から、仕事で高い付加価値を出すことが求められます。自分で考えて意見を持ち、それを表明することが要求され、また歓迎されます。入社前から「クレイアは小規模ファームであり、個人の裁量が大きい」と聞いていましたが、予想以上に大きな裁量を与えられ、嬉しく思うと同時に、日々緊張感を抱きながら仕事に取り組んでいます。

さらに入社して驚いたのが、プロジェクトの種類の豊富さです。入社前は「組織・人事」領域のコンサルティングというと、給与改定や研修の企画などが主な仕事だと思っていましたが、人材要件の定義、社内規程の改定、管理職向けアセスメントなど、クライアントの課題を解決するために多様なプロジェクトが存在しています。また、M&Aや組織再編といったビッグプロジェクトへの参画も珍しくありません。事業会社であればおそらく人生で数回しか体験できないようなプロジェクトに、すぐに携わることができているのは、とても幸運なことだと感じています。

入社して壁にぶつかった経験は?

入社して5年目になりますが、正直なところ、壁にぶつかり続ける日々を送っています。なぜなら、人事制度は会社全体に影響を及ぼすため、「この施策を導入したらどのような影響が出るのか」「どうすればリスクを軽減できるか」など多様な事柄を想定する必要があるからです。

会社には様々な立場やバックグラウンドを持った社員がいるため、同じ人事制度でも受け取り方・感じ方が異なります。社員へのメッセージの伝え方については、プロジェクトマネージャーに未熟な部分を指摘されることが多いです。

例えば、あるクライアント向けに新しい人事制度の説明資料を作成したときのことです。制度自体の説明は正確に記載したのですが、プロジェクトマネージャーから「この資料は、ただ制度を説明しているだけで、管理職が『この制度によってどう会社がよくなるか』を部下に説明できる資料になっていない」「この資料を見た社員が『新しい人事制度のもとでモチベーション高く働こう』という気持ちになるように工夫しなさい」と指摘を受けました。

会社が伝えたいメッセージを正確に伝え、社員のモチベーションを高め、読む人の負担にならないように簡潔にまとめることは、非常に困難で、高い技術を必要とします。そのような技術を備えた時、ようやく目の前の「壁」を超えたといえるかもしれません。

今後どのようなキャリアを積んでいきたいですか?

「おもしろい話ができる」コンサルタントになりたいと考えています。「おもしろい話ができる」というのは「笑い話ができる」という意味ではなく、「新しくかつ正しい意見をクライアントに提供できる」ということです。

クライアントは自社の課題について私たち以上の時間をかけて考えています。外部のコンサルタントがちょっと考えて思いついたようなことや聞きかじった知識を話したところで、「知っている」「わかっている」と言われるのがオチです。クライアントが求めているのは「それは知らなかった」「そういう方法もあるのか」「そういう理解をすればいいのか」という驚きです。もちろんクライアントを驚かせるためには、ただ目新しいことを言っても意味がなく、課題解決に繋がるような視点がなければなりません。クライアントを「驚かせている」上司をみながら日々感じることは、私には前提となる知識や課題解決の知恵が圧倒的に不足しているということです。私も早く「お金を払ってでも意見を聞きたい」とクライアントから頼りにされるコンサルタントになりたいと考えています。

応募する学生に期待することは?

コンサルタントに求められることは「簡単に答えが出ない問題を考え続けること」です。

コンサルティングという仕事は、常に学習を必要とします。クライアントからの1通のメールに正確に回答するために何冊もの本を読まなければならないこともありますし、1枚のPowerPoint資料を作成するために何日も考え続けることもあります。価値あるアウトプットとは、そのような粘り強い思考活動を通じて提供することができ、クライアントが高額のフィーを払ってコンサルタントを雇うのは、真に価値あるアウトプットを手に入れられるからです。

クレイア・コンサルティングではキャリアの長さに関わらず、常に高いレベルで思考することが求められます。周囲の諸先輩、過去のプロジェクト資料、書籍……こういったあらゆるものを活用しながら、簡単に答えが出ない問題と向き合い考え続けられるような人、そして、そういった行為に喜びを感じる人であれば、クレイア・コンサルティングで活躍できると思います。